つむじ ハゲ 女性

つむじハゲ女性にはこの育毛剤

女性のはげは、つむじ付近から生じることが多くなっています。
男性はつむじ周辺と前髪の生え際からはげることが多いのと比べると、
全体的に薄毛が進行する中でつむじ付近が特に目立つのだそうです。

 

そんな女性たちの悩みを解決するための育毛剤が出ていますが、
どのような効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

 

女性用の育毛剤の特徴は、頭皮に優しいということが挙げられます。
男性用は割と刺激を与えて育毛するような発想のものが多いのですが、
肌にやさしいケアが女性の場合には有効なのですね。

 

育毛剤で育毛ができることは結果であって、
その過程の中で育毛剤は様々な効果を示してくれ、育毛へと導いています。
ですから、育毛剤を使えば髪が生えると安直に考えず、
原因を考えてそれに適した育毛剤を使うことが成功のポイントです。

 

女性用の育毛剤では、まずホルモンバランスの乱れがあります。
この緩和のため、男性ホルモンの抑制効果のある成分が入っていることがあります。

 

 

そして、重要なのが血行促進です。
髪に元気が無い場合には、頭皮の血行が悪くなっていることが多いそうです。
すると頭皮には老廃物が残りやすく、髪を作る栄養が運ばれにくくなりますから、
当然元気な髪は生じず、頭皮トラブルばかりが起こります。

 

ですから、頭皮の血行促進は頭皮ケア、育毛につながるため、
それに効果を発揮する成分が含まれていることが多いです。

 

髪の毛は生命維持に必須ではありませんから、栄養を回す優先度が低く、
食事からだけでは不十分になりがちです。
ですから、育毛剤では必要な栄養素を頭皮から直接取り込めるようになっています。

 

その他、頭皮の皮脂量を調整したり、肌を強くするための成分が含まれており、
こうした効果をもって髪の毛が健康に育つ環境を作ってくれるのです。

女性特有の抜け毛の原因とは

髪の毛の生える、伸びる、止まる、抜けるという一定の経過をヘアサイクルと言います。
ヘアサイクルは女性と男性ではメカニズムが異なり、
女性の薄毛とはそれほど密接な関係はないようです。
つまり女性特有の抜け毛の原因はヘアサイクルとは別のところにあるのです。

 

女性の抜け毛の主たる原因は?

端的に言いますとストレスは髪の大敵で、どのようなストレスも
髪の毛が薄くなることと関係があります。

 

それに加えて女性特有の抜け毛の原因があり、それは妊娠と出産です。
妊娠と出産は女性の身体の構造やホルモンバランスなどが大きい変化を見せます。
産後に女性は一時的に髪の毛が抜けることが多いとされています。
それは出産にエネルギーを大量に消費するからとされていますが、
これは俗説であり出産後の女性の抜け毛の原因は別のところにあります。

 

ただし、妊娠と出産は身体的、精神的な苦労が大きくなり、
産後はマタニティブルーという一時的にうつの症状があらわれることがあり、
その時期に抜け毛が多くなるようです。

 

出産後の抜け毛の原因

出産後の抜け毛の大きな原因はホルモンバランスが変動するからです。
妊娠から出産に至るまでの間にホルモンバランスが変化し、
その変化のために抜け毛が多くなるといわれています。

 

ただし、産後半年から一年で、身体の構造が妊娠前の状態に戻りますから、
産後の抜け毛は無くなります。

 

女性特有の抜け毛の原因はヘアスタイル

女性の抜け毛にはいくつかの原因があり、ヘアスタイルも原因になります。
束ねた髪の毛をヘアゴムで強く引っ張るヘアスタイルは抜け毛に関係します。
このようなヘアスタイルだと、髪の毛と毛根が常に引っ張られた状態になるので、
抜け毛につながると考えられています。

 

 

人にはなかなか言えない、悩ましいつむじはげ女性の原因は様々ですが、
原因が分かれば、対処の仕方もありますので、できることから対策していきましょう。