つむじ ハゲ 女性

女性に多いと言われる「びまん性脱毛」とは?

脱毛の種類で「びまん性脱毛」があり、これは比較的女性に多く見られる症状です。
つまり薄毛ですが、頭髪全体に抜け毛が増えたり、抜けないまでも髪の毛が痩せてしまい、
髪の毛のボリューム感が無くなるのが「びまん性」の脱毛です。

 

 

びまん性脱毛の特徴

びまん性脱毛は、部分的な抜け毛の脱毛症ではないのが特徴で、全体的に抜け毛があり、
したがって頭髪全体のボリュームが無くなります。

 

局所的な脱毛は比較的目立つので、それと気がつきますが、
「びまん性脱毛」は全体の髪の毛が少しずつ抜けるので、
なかなか初期には気がつかないものです。
ですから、それと気づいた時にはかなり進行している場合があります。

 

また、髪の毛のボリューム感が無くなると同時に、髪の毛の質が悪くなります。

 

 

びまん性脱毛の原因は何か

このタイプの脱毛はヘアサイクルの乱れが原因と考えられています。
つまり、新しい毛が生えにくくなり、同時に髪の毛が痩せてきて、抜けやすくなります。

 

ヘアサイクルの乱れの原因は、ホルモンバランスの乱れで、
ホルモンバランスの乱れで女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少します。
エストロゲンは育毛や発毛に欠かせない女性ホルモンですから、
このホルモンが減少すると、正常で丈夫な毛髪が生えてきませんし、
生えている毛髪が弱くなってしまいます。

 

どうしてホルモンバランスが乱れるのか?

では、どうしてホルモンバランスが乱れて、エストロゲンが減少するのでしょうか。
その理由はいくつか考えられ、そのひとつは出産後に使うピルとも言われています。

 

また、加齢による必然的なエストロゲンの減少があります。
30歳を過ぎた女性のエストロゲンは増えたり現状維持ではなく、徐々に減少します。
これは閉経に向けての自然現象で、やむ得ないことです。
出産の経験がなく、年齢も30歳より若い女性のエストロゲンが減少する理由は、
生活習慣の乱れが要因と言われます。
つまり。睡眠不足や栄養が偏った食事、極度の疲労やストレスなどが、
女性ホルモンの乱れを誘発するのです。

 

 

びまん性脱毛症を防ぐためにはどうすればいいのか

以上のような因果関係がありますから、びまん性脱毛症を防ぐ対策は、
きちんとした生活習慣を身につけることと、頭皮環境を正常に保つことです。
整髪料を使い過ぎたり、パーマのかけ過ぎや染髪は避けるようにして、
頭皮に負担をかけないようにしましょう。

 

また、紫外線も大敵で、髪の毛は紫外線から頭皮を守っていますが、
抜け毛が増えて薄毛になると、頭皮に紫外線が直接当たります。
そうすると頭皮のターンオーバー作用が乱れてしまい、乾燥状態になり、
抜け毛を加速させてしまいます。

 

さらに頭皮の状態を正常に保つためには、過剰皮脂分泌を避けることが大切ですから、
食事では脂分や糖分を控えめにしましょう。
そして、頭皮と髪の毛に良いとされるビタミン類やミネラル類を含む食事にします。
ちなみに、抗酸化作用がある食材は頭皮や髪の毛に良いのと同時に、
身体全体に良い効果があります。